2010-12-22

  1. つまり、音を外して失敗しても楽しいし、上手に歌ってチヤホヤされても楽しい。欲張りな自分w
  2. 今やっている事をカラオケに例えると、上手に歌える事を求めているのではなく、音痴のままでその場を楽しく、しあわせに「感じられる」事を求めているのだ!
  3. 武術の稽古ではたくさんの自分が顔を出す。処理しきれない力に対して諦める自分、暴れる自分、平気だったと際確認できる自分。生活の中でこれだけ多くの自分を引き受けてくれる人が果たしているのだろうか?特に今の世は予想と外れた人に対して厳しいからな。稽古に出会えてよかった…
  4. 虚像も自分。
  5. ただ一点、そこに集中するのがむつかしいのが人間。集中しなくても、済むようにしてくれるのが機械。その機械も友達だと思うと幸せ。そうでなければ、不幸せ。
  6. バランスをとるには嫌な事も必要だな。嫌な事がわかるからこそ、好きな事もわかる。
  7. 自然体だったり、バランスだったり、当たり前の事に気づきがあるとグッとくる。

Powered by t2b

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*