古武術的問題解決能力

手首の動きをきっかけにして、人間が本来持っている動きを改めて感じることができましたが、できるワザが増えたこと以上に、自分の持っている様々な問題が一気に解決して行く事を実感しています。
そういえばこれまで稽古してきて現実の世界で技そのものが役に立った事は一度もありません(笑)。喧嘩なんて小学生の時にあった以来ですし、自分の拳を使う機会なんてないにもかかわらず、こうして毎日武術の事を考えているわけですから不思議なものです。
でもそれは武術が役に立たないものであるというわけでは全くありません。むしろ、この武術を通しての発見のお陰でどれだけ心が楽になっているかわからないのですから。
手首を通して感じた反射神経の自覚化は、今、思い悩み、考えてしまうことで、流れに乗れなかったことに気づかせてくれました。考えては物事は進まない、とわかってはいるものの、現実に自分が怖さを感じた状態でそれを考えないまま生活をして行くことは、それまでの自分にとっては困難なものでした。
反射神経のスピード活用して動くことができるというのは、ある意味考えながら動いているにもかかわらず、流れを崩さずに生活出来るということなのです。
考えないということが、考えるか考えないかという選択だったのではなく、それまでの考えている自分と、今新しく世界を見ている自分が違う自分だった事を感じます。面白いのは違う自分だったと言っても、それまでの自分の見方がなくなったわけでもなく両方存在し続けているわけです。
体から手先を動かそうと意識している自分、体を意識せずに手先から自由にどこにでもいけそうな感じを持っている自分、この2つが今同居している感じがします。その2つの意識を切り替える働きを持っているのか手首ですから、手首がスイッチになっていると考えてみると面白いかもしれません。
以前甲野先生が新しい発見は、新しいおもちゃを目の前にしている子供のようにワクワクする、というようなことをおっしゃられていましたが、まさにそんな感じです。世の中を見れば楽しいこともたくさんありませんが、それに負けないぐらい楽しいことが自分の体の中で毎日起こっているわけです。
武術の技としては使って欲しくありませんが、武術の技があってこそ気づける感覚があるのです。
お知らせを一つさせて下さい。また名古屋に甲野先生をお迎えして稽古を行っていただく事が決まりました!
詳しくはカラダラボのホームページで。
http://www.karadalab.com/
iPhoneから送信

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*