【リアルタイム】技を盗む

浮きを伝えるのは難しい。それは身体の感覚、状態だから。浮かされる事で崩される事はもちろん、わかってもらえる。でも、それは勝手になってしまった身体の状態。その浮かされたというのを経験と考えて、今度は自分でその浮きが作れるようになってもらえればいいのだが、なかなかこれが難しいみたい。
 
この時の「自分で」できるようになる、というのが技を盗む、という事だろう。
武術の稽古は自分に目の身体の状態、心の状態に目を向ける稽古だ。
結果として、技をかけられやられているときにでも自分の事をしっかりと見つめていける。
これが、いい!ものすごく大切な能力だと思う。
経験を全て、自分のものに出来るのだから。
 
世の中、教えられるものだけですめばいいのだが、実際に社会にでれば、教えられるものではなく、自分で新しく作り上げなければいけないものも多い。いきなりルールが変わってしまうのだ。
 
技を盗む力、それは自分の状態を観る力だと今日、はっきりわかった。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋