【リアルタイム】力への囚われが消えた瞬間

前腕を掴まれて、動いてみろ、といわれると、そこに生まれて来るのは「不安」です。動けない、という拘束感です。でも、同じ外圧であっても、上腕をつかまれたときには「不安」が出てきません。筋肉をつぶされると言う圧力はあっても、苦しくないし、どこにでも動いていこうと言う自由を失う事はありません。
 
どうすれば、自分は「不安」になるのか?上腕を掴まれている限りはそこに答えが出てきません。
これ、逆に考えると、怖いです。
どういう事かというと、押さえる側にまわった場合、上腕を掴む事で、相手を取り押さえる事ができない、という事なんですから。
 
どんなに力を入れられても困らない、というのはどんなに力があっても取り押さえられない、という事です。
 
ふと、あぁ、これが力ではない世界なんだ・・・、と感じました。
力は魅力です。
でも、その力が及ばない世界ではなんの魅力もありません。
魅力があるからそこに惹かれ、囚われます。頭ではダメ、とわかっていてもです。
でも、力に負けない事を体験すれば、そこに魅力はなく、ただ、研究心があるだけです。
 
そうかぁ・・・。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋