【リアルタイム】股関節から膝へと流れるチカラ

ストレッチの話の続きです。
 
 
 
ストレッチの感覚から肘から生まれる「なにかしようとする力」に気づき、子供の時の軽さを実感し、動きが変わってきました。
今日は肘ではなく、膝の話をしましょうか。
 
 
 
一応、ストレッチつながりで話をしたいのですが、私、とにかく、固いんです。
開脚なんてもってのほか(笑)。
それこそ、こんなに固くても、技はできるようになりますし、動きも変わりますからね、と安心させられるぐらい、固いんです。
ストレッチをしても、変化を感じられないまま、ひと月過ぎ、ふた月過ぎそうだった先日、正座をしていて、太ももにこれまで感じた事のない方向にチカラの流れを感じました。
 
 
 
そもそも、固すぎて、チカラが流れている事にすら気づけなかったみたいなのですが、どうやら、これまでは「いつも」膝から股関節、腰の方向へと、力が入り込んでいたようです。
つまり、体重から生まれる力が足裏で跳ね返り、股関節に入り、そこで行き場をなくして、腰に無理をさせていた事に気づきました。
 
 
 
腰を軽くしよう、と考えたのではなく、突然、股関節から膝方向へとチカラが流れるのを感じたんです。
膝方向へとチカラが流れると、正座の状態でも、膝が浮きにくくなります。
当然、重心が安定するわけですが、まさか、こんな使い方が出来るとは・・・です。
まさに、創発。
 
 
 
創発とは、これまでとは全く違った世界を実感する事です。
考えて工夫したのではなく、身体が新しい世界に気づいてしまったわけです。
 
 
 
まだまだ言葉足らずですが、動きだけはガラリと変わっていて楽しんでもらえそうです。
早速、明日、浜松の稽古でやりますね。
興味があれば参加してください。
初めての方でも違いは分かってもらえるはずです。
詳細はコチラです。
直接来て頂いてもかまいません。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋