久しぶりの更新です。会葬のお礼と今後の決意。

ひさしぶりの更新です。
 
実は、10日ほど前、父が突然亡くなりました。
特に悪いところも無く元気に道場で指導をしていたのですが、本当に、突然、いなくなってしまいました。
 
慌しく過ぎたこの10日間ですが、改めて、父が自分を支えてくれていたのを感じています。
 
 
 
父は少林寺拳法に人生をかけていたような人でした。
子供の頃、仕事をしながら少林寺拳法の道場を3つ掛け持ち、家に帰ってくるのはいつも夜遅く、父親というのは家にいないものなんだ、と私は育ったんです。
そんな家庭だったからでしょうか、特に父となにか話をする事もなく、ずっと過ごしてきましたが、気がつけば、私も父の後を追い、少林寺拳法の指導者という道を進むことになったんです。
 
 
 
父が少林寺拳法を好きだったからこそ、私も少林寺拳法の道、武の道に入る事が出来ました。
そして、その武の道の先に甲野善紀先生という一生の師にめぐり合う事が出来ました。
甲野先生に出会い、自分のカラダというものを初めて認識する事ができ、その奥深さに驚くと同時に、人間のすごさ、誰しもが幸せに生きることができるのだ、という確信を得る事が出来ました。
 
甲野先生に出会う前の私は頭でっかちの知識だけを武器になんとか、自分の存在を守っていこう、という小さな人間だったんです。
自分という存在を頭だけでしか考えられなかったんですね。
 
 
 
それが、武術の稽古を通して、この私のカラダが常に、たくさんの感覚を得ている事に気づく事ができるようになりました。
このブログでもたくさんのカラダの使い方、夢のような技ができるようになった、と報告させてもらっていますが、なにかが出来る、なにかが分かる、というのはおまけみたいなものだったんだ、と今、改めて感じています。
 
 
 
父を送る葬儀の間、これまで感じた事の無い感覚、感情がカラダを駆け巡りました。
その一つ一つを自分がしっかりと受け止めながら、過ごす事が出来たんです。
変な言い方ですが、最後に父が自分にたくさんの経験を残してくれたんだな、と感じました。
 
 
 
頭で考えれば、考えもしなかったタイミングで父がなくなったわけですから、悲しい気持ちは当然あります。
しかし同時に、これまで父が自分を支え、守っていてくれた事、応援してくれた事をようやく感謝できたんです。
決して悲しいだけの出来事ではありませんでした。
 
 
 
たくさんの方からお見舞いのお気持ち、お心を頂き、私はもちろんですが、父も喜んでいる気がします。見栄っ張りで、弱いところを見せるのが嫌いな人でしたから、もしかしたら、理想的な終わりかただったのかもしれません。
父に代わりまして、感謝いたします。
 
 
 
 
それにしても、本当に、武術の道を進んできてよかったなぁ、と思いました。
自分の気持ちが分かる、という事がこれほどまでに安心できるものだとは思いませんでした。
しかし、そもそも、甲野先生はご自身が武の道に入る動機を人間の運命は完璧に決まっていて自由だ、という確信をカラダで得るために始めた方です。
納得、という言葉は簡単に使いがちな言葉ですが、今回の経験を通して、改めて、身体の感覚を自分のものと自覚することが大切だとわかりました。
 
甲野先生そして、少林寺拳法から学んできた人の心と体の知識と感覚が今の時代において、幸せを感じるために無くてはならないものだという事は分かっていました。
ただ、自分自身、それを感じる事が出来、確信する事ができても、どう伝えれば、それを次へ渡していけるようになるのかわからないんです。
それでも、自分が信じたものを伝え続けるしかないんでしょうね。縁がある人には伝わるんだ、と信じて、これからも稽古を続けていこうと思っています。
 
今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。
 

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋