自動化の話

今日は自動化の話。
自動化された動きはとにかく、気配がなく、自然なんです。
しかし、自然な動きを求めてみても、なにかをしようと考えた瞬間、不自然な動きとなってしまいます。気配が出て来ちゃうんです。
 
 
 
自分の中に取り込まれた自動の動きは疑いのない動きです。
その自然な動きに近づくための鍵になるのがキャスター、それも、手の中にあるキャスター、第三関節なんです。
 
気がついていないだけで、みんな自動化された動きを持っています。
朝起きて顔を洗い、ネクタイを締め、通い慣れた道を進み、学校、会社へ行きます。これ、全部、無意識化された自動の動き。それらは全部、気配のない自然な動きです。
 
きっと、技術のある俳優さんならその瞬間、その人になりきり、自然な動きが出来るんでしょうね。しかし、私たちはなにかをしよう、と考えてしまうと普段自分が行っている動きも、不自然なものになってしまいます。いったい、なぜ、出来ている動きが出来なくなってしまうんでしょうか?
 
 
 
カラダの構造が分かってくると、まだまだ自分のカラダは動くって気づきます。自分が「持っている」ものを今は気づかせてくれる人が少なくなりました。たくさんの便利な機械は増えましたけどね。
 
それはそれで喜んで、楽しんで使えばいいんです。でも、自分への信頼をなくして生きていくことだけはしたくないなぁ・・・って思います。
 
 
 
第三関節から指を動かしてみると、その先にある第二関節、第一関節が楽になるんです。楽になるってのは大切です。楽になればなるだけ、気にすることのない動きになっていきますから、自然な動きにつながるのでは・・・。
 
 
 
無意識の時には指先から動いているんです。きっと。
でも、武術が必要な場面って、敵が目の前に現れた緊張状態の時です。余裕がある時には夢を描いて、それに身を任せればいいんです。しかし、現代ってそのリラックスをする時間と場所が限られています。
だからこそ、自分のカラダを信頼し、動く力を身につけることが必要なんだと、考えています。
 
 
 
実は身体から見直すって意外と簡単。
徹底的にこの身体の動きを見直すだけですから。
手指の第三関節から動く、と決めたらそれをちゃんとやる。そしたら、ちゃんと、第二関節が整い、第一関節も楽になります。気持ちの持ちようなんか、いりません。
 
 
逆に、考えすぎてしまう人は、自分にはできない、これではダメだ、と身体の事から気持ちの方へと意識を置きすぎてしまうんです。ちゃんと、狙って、そこから動く、と決めてやるだけ、それだけです。
 
 
 
第三関節からの動かし方を紹介して今日は終わり。
第三関節をまず、動かそうとしても、実は気づいていませんが、結構、指先にもう力が入っちゃっているかも。
指先をのばしたまま、指の付け根から折り曲げたり、起こしたりしてみると、それだけで第三関節が生きてきます。指回し体操をしても、第三関節がよく動くかも。
 
 
 
でも、きっと、一人でクイクイ指を動かしてもこれでいいのかなぁ、って分からないはず。自信が持てません。
 
だから、武術的練習なんです。
この手を抑えて動かさせないようにしてくれる敵がいれば、ちゃんと手指を動かしたときには、動けた、という結果という形で、しっかり自分が第三関節から動けているというのがわかりますから。
 
 
 
もちろん、一人でその感覚が分かるようになれば、なにをしているときにも、指先に軽やかさが感じられますよ。
 
そうそう、きっと、鉛筆を持って字を書く、ってのは、この第三関節が大切なんです。子供の頃、しっかりと鉛筆を掴むように言われても、それでは書けないんです。だから、指先でくるくる小さなカッコ悪い文字しかかけなかったんだなぁ、って。
 
でも、それは当然、だって、指が掴む動きしか出来なかったんですから。でも、第三関節が動くと、鉛筆をしっかりとホールドしたまま、手を素早く動かすことができます!
 
 
 
印刷が簡単に出来て、手書きの必要がどんどんなくなっていく時代。でも、自分の手を使って、動けているって感じられると、なんといっても、楽しさ、それも、自分だけの楽しさが内側から出て来ます。そういう事がもっと、もっと、伝えられればと思っています。
 
 
 
では、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋