普通な事、特別な事

昨日、これまで出来なかった技ができるようになりました。杖をもった相手を転がし投げる技と二人に掛かられたときに崩し落とす技です。

少林寺拳法の基本の技にはないので、ずっと、こういう時にはどうすればいいのだろう・・・と考え続けていました。

 

 

なにかが「できる」というのは、それまでの自分のままではいけません。なにかが変わったからこそ、できるようになるんです。昨日できるようになったのは、相手の体を形としてみるのではなく、「重さ」として見えるようになったからです。重さで見れば、相手の体も杖の重さも、自分の体も一つの同じエネルギーになります。そうなれば、ただ、揺らせば倒れていきます。やれてみれば「当たり前」でも、まさか、こんな普通があるだなんて、と不思議でなりません(笑)。

20歳ぐらいまではなにもしなくても「成長」していくので、未来は明るいです(笑)。しかし、いつか、成長は止まりますよね。成長が「老い」にかわるんです。ただ、やれる事は年々増えています。なぜなら、便利な道具や機械が増えているからです。サービス業も増えましたしね。

 

やれる事は増えましたが、それは自分でやっていないのが問題です。

自分の能力を観察し、伸ばしていく事をやらなくなってしまいました。これが、本当にもったいないです。まだまだ、私たちの身体は秘密が隠されていて、ちゃんと使えば、若い頃よりも動く事ができるようになります。効率よく使えばいいんです。

 

 

 

大きな病気や怪我がない人は今の自分を「普通」だと思っているかもしれません。

周りの同年代を見ても、みんな同じように身体を使う事が下手になっていますから、なかなか気づけません。でも、今、自分が普通だと思っているのは普通ではなく、もっともっと、愉快さを感じる事ができるんです。想像できますか?なにもしていなくて、ただここにいるだけで、体があること、動く事の楽しさが感じられるんです。多くの人が無意識に「我慢」をしているように思えます。人間が持っている「快適さ」をどうしたら共有してもらえるだろうか、そんな事を思いながら今、これを書いています。

たぶん、昔の日本人なら当たり前の感覚だったはずです。私が特別だったわけではなく、身体そのものにそういう性質、働きがあるんだと思います。

 

 

少林寺拳法では座禅もします。

ただ座り、心を自分に向ける稽古です。そのことがどんどん違う自分に気づかせてくれます。身体には感覚があります。その感覚を頼りにすれば、誰でも、自分の持っている可能性が感じられる、と確信しています。ただ、私もまだまだ修行者ですから、何十人人の集団を前にそれを全員に気づかせるのは無理です。これまで、私の少林寺拳法の道場は子供たちが主でした。しかし、今、子供よりも先にお手本となる大人にこの楽しさを感じてもらいたい、と思うようになりました。大人の少ない今ならちゃんと伝えられるかもしれない、そう思っています。

もし、大人の方でもっと、自分の可能性を感じてみたい、と思われる人がいましたらぜひ、チャレンジしてみてください。

 

お問い合わせはお気軽に。

090-5606-5648(山口)

少林寺拳法のサイトはこちらです。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋