一人稽古の会はとにかく稽古をしたい、という人の声にこたえたものです。

でも、実は、私がいい稽古をしたいから行っています(笑)。

私は父が道場を開いていたこともあって、自由に稽古ができる道場が二つもあります。この環境を使いきるには・・・と考えた時、とにかく稽古の場を用意しようと考えました。

身体の使い方は複雑で精妙です。それらを「頭」で考え工夫をしようと思っても難しい面があります。それまで生きてきた中で作った「常識」「観念」があるからです。

一人稽古の会はほぼ毎日稽古ができます。覚えなくてはいけない基本もなければ技としての手順もなければ研究するしかなくなります。

道着もいりませんし、稽古を続けていくために必要なのは熱意だけです。ぜひ、一緒に研究しましょう。

続きを読む