【身体感覚の足跡】経絡ってこれか?

1冊の本がある。

その本の裏表紙に落書きが書いてある。経絡・・・なんたら、かんたら・・・と。

よっぽど興奮していたんだな、きっと。

手元にあったのが本しかなかったんだと思う。その本に経絡について、その時、気づいたであろう事が書き記してある。

 

その時は興奮していても、改めて、読み返すと、そんなことで・・・と思える。

そうなのだ、全ての気づきはもうすでに、自分の中にあったものだから。

身体というのはそういうものだ。

 

その経絡だけで、詳しくは中医学の本などを見てもらうとして、身体の中に規則性のある「ルート」がある事があるのだ。

問題はそれを知ってはいても、活用できない、という事。

もちろん、鍼灸師や漢方などを専門にする人は使っているだろう。

でも、僕らに、そんな専門性はいらない。ただ、もっと、自分の身体の事をしり、感じたいだけだ。

 

 

力が流れる事を知って、その流れに規則性を見つける事ができた。そして、それが経絡に似ている、と気づいた瞬間だった。手、足、そして、背骨にそって、あるらしい。技は形として残っている。それに中身が入った瞬間でも合ったと思う。

 

残っている知識は恐ろしいほど膨大。

このそれぞれの経絡。それぞれに内臓が対応し、感情も説明されている。陰陽五行説というものだ。陰陽の法則はそのまま宇宙の法則とも言われている。やはり、武術は宇宙を表現するものなのか・・・その一端を感じられたのかな、この時の興奮は(笑)。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋