【身体感覚の足跡】テーピングで肩こり、腰痛予防

時々、この身体だけを使った気づきだけではなく、「モノ」を手にした事で強くなれる事があります。電池の工夫もその一つです。ただ、電池を常に持ったまま、仕事は出来ません。なんとか、この電池を手にした時の強さを維持できないだろうか・・・と。
 
ポイントは中指と薬指のようです。この二つの指に力を集め続けれられば良さそうです。いったいどうしたら・・・モノを掴まずに、掴んでいるときの圧力を得られるのか?
 
そこで、テーピングを巻いてみました。
中指と薬指にです。最初は2本まとめて、その後、別々でも良いことがわかりました。
テーピングを巻くことで、常に指に違和感を与え続ける事ができます。この2本の指に力がかかり続けている間は肩がすっと楽になるんです。
 
重いものを持つ事が多い方は、これだけで肩や腰の負担が減りますから、試してみてください。
 
手にあるのならば、脚にもあるだろう・・・そう考え試して見ましたが、当時の感性ではちょっとまだ足らなかったようです。
また、違った機会に試したくなることがあるかもしれません。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋