【リアルタイム】浮くための3点立ち

両手を持たして、前から押してもらう。当然、その力に対抗しようとする。両足で踏んばるだけでは、身体は安定しない。肩にも力が流れ込んできて、崩れる。
 
両脚プラス、一ヶ所なのだ。
その一ヶ所をどこにするのか?
つい、やってしまうところでは都合が悪い。
では、腹に持っていったらどうだろう?丹田だ。それなりに有効。でも、気に入らない。なぜなら、両脚と丹田では出来上がる三角形が立ち上がってしまうから。必然的に、足の役割が多くなってしまう。
 
そこで、足裏の3点をつかう。
右足の踵、つま先、左足のつま先の3点。
この時、左足のつま先はバランスをとるために、ふわっと地面に接地しておく位にしておく。
すると、足裏に三角形が出来上がる。
その三角形の板の上に乗っている感じだ。
 
ここ最近、「浮く」という感覚を大切にしてきた。
浮く感覚が実感できれば、どんな方法であっても構わない。
でも、「浮く」という言葉で思考停止になってしまう人もいる。
そんな人たちに、この3点立ちは有効かもしれない。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋