【リアルタイム】肘を消す

ガンキャノン形の練習から考える。
なぜ、前腕を押されると力がぶつかるのに、上腕を押さえられると楽に動く事ができるのか?
その境界線はあるんだろうか?試してみた。
 
まぁ、予想通り、「肘」を境に動きが変わる。
以前、関節は曲がらないためにある、と気づいたことがあるけど、それとなにか関係があるんだろうか?
 
ポイントになりそうな「肘」を消すために、腕をぐるりと廻してみた。
廻し方は2種類。腕を伸ばすようにと、腕を折りたたむように。どっちも限界まで廻すから、非常に感覚的にはキツイ。
それでも、その事で肘が消えるからか、前腕をもたれても上腕をもたれたときのように、「軽い」。
 
ちょっとまてよ?
肘を廻すことで関節を消したけれども、これを指先の操作でもできるのかな?など、アイデアは浮かぶ。
指を緊張させて、ガチャガチャ試してみたが予想通りには行かない。
 
うまく行かない事も、なにかが見つかるかもしれない、という楽しさがあるからやめられない。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋