【リアルタイム】すねのかじらせ方

親のすねをかじるという言葉がある。すねは大切なものですね。
すねと腕、肘から先、膝から先という点では良く似ている。
このすねにしがみつかれ、かじられるとなると、親としてはたまったものじゃない(笑)。
でも親としては、子供をしっかり面倒もみたいもの。
 
 
親である自分は子供をすねで感じるのか、太ももで感じるのかで、自由さは変わってくると考えた(笑)。
太ももにしがみつかれても、実はそれほど苦しくない。苦しさを感じるのはこの膝だから。
この膝に負担がかからなければ、相当な負担も実は大丈夫だった、という事が分かる。
では、すねにしがみつかれてままで、膝を意識しないで、太ももから動くコツはないだろうか?
それがわかれば、いくらでもすねをかじらせてやるのに(笑)

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋