【心を軽くするために】忘れている自分を思い出す動き

さて、自分は誰だろう?

そう問いかけても、答えてはくれない。

でも、生きていく過程で自然と作られるセルフイメージがあるはずだ。

 

結果として残るものを通して自分を見ることもできるし、動きを通して、感性を通して感じることもある。今日は感性の話。

 

本来の人間は全て、自由だ、といわれたりする。

確かに数百年前の身分制度のカチッとした時代に比べれば、今この現代はものすごく自由な気がする。住む自由、言葉にする自由、移動する自由。

でも、自由とはこんなものなんだろうか?

 

一つの動きがある。

腕をつかまれて、さぁ、どうする?という設定。

この時、肘から先をつかまれると、逃げようとした瞬間、相手に見つかり、ぎゅっと抵抗されてしまう。つまり、ひょいと持たれてしまうだけで、私たちの自由はすぐになくなってしまう。言葉でどれだけ自由を口にしても、身体は不自由を感じているのかもしれない。

 

少し設定を変えよう。

腕は腕でも、上腕、肘から上だ。

これは両手で抑えられてもいい。

この時、さぁ、逃げようと考え動き出すと、なんの苦労もなく、動き回ることが「できる」。つまり、相手がいようがいまいが関係ないのだ。

この動きを見つけ、感じたことは、自分はこれまでも、これからもずっと、自由な存在だったのだ・・・という事。

もちろん、これで終わりとはちょっとも考えていない。きっと、またすぐ、新しい気づきに出会えるはず。でも、ただ、ちょっとした気づきで「忘れていた自分」と言えるほど、自由を身体で感じられるってものすごい事だと思う。

 

誰の中にもある自由感。それを伝えられる自信が生まれた。明日はこれをやる!

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋