【身体感覚の足跡】目の前の事を忘れる方法

武術の状況を考えてみてください。
目の前に敵が現れました。敵ですから、嫌な相手です。なぜ、嫌かというと自分の力が目の前の相手には足らないと思えるからですね。アリンコを敵と考える人はいないでしょう。でもそのアリンコも軍隊を作って脅威となると、立派な敵になってしまいます。
客観的にどれだけの力を持っているかというよりも、自分との能力の差なんです。
 
 
さて、実は目の前の相手を敵だと思うと身体が緊張します。
緊張すると能力がうまく発揮できません。もちろん、火事場のバカ力的に出てくる場合もありますが、使いこなせない力はギャンブルですからまずいですよね。
だから「リラックス」という教えがあります。
でも、簡単にリラックスできるわけではないですよね。「敵」なんですから。
 
今日は簡単にリラックスをする方法を教えます。簡単です、ものすごく。
どうすれば敵を目の前にしてリラックスできるのか?
それは「その場でくるりと回る」事です。
 
そんなまさか?と思うかもしれません。
でも、くるりと回る事で、実は意識も回ってしまい、相手に「集中する事ができなく」なります。
敵を見てしまい、考えてしまうから緊張します。
じゃあ敵を見なきゃ良いじゃないか、となりますが、目をつむっても逸らしても意識の中では嫌な相手にフォーカスしちゃってますから、余計怖いですよね。
 
でもくるりとまわる動きは意識までいっしょに連れて行ってくれるので、結果として次に相手が目に入ったときには「初めて見た」時と同じになります。
その初めて出会った次に選択する行動が大事なんですよ。
 
さっきは敵として、怖いと思い、緊張してしまった。でも、くるりと回ってリセットできたから今度は緊張する前に全力で逃げてやろう、とするわけです(笑)。
 
 
冗談みたいに聞こえる人もいるかもしれません。
一生懸命立ち向かっている人ほど。
でも、ものすごくパワフルです。
子供達はストレスを溜め込まず、明るく毎日を生きています。
子供達を観察してみてください。彼らはくるくる回ったり、ピョンピョン跳ねたりするのが大好きです。
身体が居着かないからこそ、心に明るさを保っているとおもいます。
 
元気がない人、欲しい人、まぁ、ちょっとその場でクルッと回っちゃいましょうよ。何かが減るわけでもないですし。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋