【身体感覚の足跡】相手の虚をつく簡単な方法

手のひらの感覚が高まり、意識的に動かせるようになってから、おもしろい技が出来るようになりました。技と言えるかどうか微妙なんですが、相手の意表、武術的には「虚」を狙う技です。
 
普通相手のスキをつくために様々な動きを組み合わせたり、戦略を練って戦います。武術に限らず、スポーツもそうですね。でも、この技は正面からただ、単純に手刀で切り込むだけです。
 
単純に、気配を出しながらですから、当然相手は簡単にその手を払おうとします。でも、この「分かりきった」動きがミソになります。相手が簡単だと思った攻撃の軌跡を変えるのです。この時、軌跡が変化したとばれてしまえば当然、相手はそれに対して対応を変えてきます。相手にばれないように、軌跡を変えなくてはなりません。
 
なんだ、やっぱりむつかしいじゃん・・・と聞こえるかもしれません。
でも、手のひらを使うとものすごく、簡単なんです。
 
不思議と攻撃をすると、それが受けられるのか、決まるのかなんとなく、わかります。会話をしていてもそうですよね。なんとなく、今、話がかみ合わなかった、ってわかりますよね。それと同じです。手刀を飛ばしながら、受けられる、と感じた瞬間、手のひらをモゾッと動かすのです(笑)。
 
これだけで、相手は手刀に触れた瞬間、あっ、と体勢を崩します。
無意識に色んなバランスを人間はとっているんだなぁ、と不思議に思ったのを思い出しました。これも楽しい遊びです。練習のときはちゃんとタネも相手に教えてあげてください。でないと、性格が悪くなりますから(笑)。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋