【身体感覚の足跡】指先から動く

反射神経を使う気づきにきっかけになった動きがあります。ある時、ふと、指先から動いてみようかな?と思ったんです。なぜ、そう思ったのかは覚えていません(笑)。いつも、気づきは突然ですからね。
 
そのなにげないヒラメキが、まさか、こんなにも大きな楽しみを生んでくれるとは夢にも思いませんでした。
 
片手を片手でぎゅっと力いっぱい掴まれていた時だっとおもいますが、しっかりと手首を握られて動けなかったんだと思います。その力に対抗してなにかをしようというよりも、なにが出来るか、なにが楽しいかを考えたのかなぁ・・・、手首を巻き込むように、指先だけでも逃がそうと、動いてみました。
 
結果、その固いガードからでも、するりと逃げ出す事が出来たんです。この一つの体験、経験が元となり、いったいどんな仕組みでその現象がおきたのかを探りました。
 
すると、手首はどんなに押さえても、アソビがある事が分かりました。ぎゅっと握られ、動かない、と思い込んでいただけであり、まだまだスキのある部分はたくさんあったのです。思い込みは良い風に働く事もあれば、そうでないときもあります。今、ここで、手首はどんなに逃げ道が無いように思えても、まだまだたくさんある、と伝えましたけど、それを確かめるのはそれぞれの経験です。
 
動く部分がある、と気づいたならば、少しずつでも、そこから逃がしてあげると、結果的に身体全体が動いていきます。逃げるには一斉にではなく、まずは先発隊が道を作るのです、そうしないとパニックで全滅してしまいます。なるほど・・・(笑)

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋