【リアルタイム】存在自体がエネルギー

ふと、一足出したとき、その足の裏に「違和感」を感じた。
とにかく、気になって、仕方ない。でも、その歩き方はこれまでの自分の「普通」の歩き方だ。
その「普通」が気になる、というのは、毎日毎日、いやな事を体験するわけだから、うれしい事ではないはず。でも、今の自分は、それが楽しいのだ。
コンプレックスを自分探しの材料に使えるようになった事と同じ理由で、自分が原因で生まれてくる「いやな事」も、次の世界への道しるべのような気がしてならない。
この歩き始めの一足が気になって、なんとか、この違和感を止めることはできないだろうか?と考え始めた。1週間ほどして、ふっと、体が軽く感じる体験をした。その歩き方を紹介します。
まっすぐ、肩幅に立ち、前へと歩くとします。私は左足からが多いです。この左足が違和感の元です。「歩きたい」という願望がつい、左足を前へと進みます。でも、これではダメだということ。武術的に敵を目の前においてみれば、そのダメさ加減はよくわかります(笑)。一歩足を踏み出した瞬間、気配が出て、倒されます。
いかに、気配を消して、前へと進めばいいのか。その答えです。
左足に対して、真逆である、右肩を斜め後ろ上方へと引いてみるのです。
その力が「体全体」を斜め上へともって行きます。その時、左足はすこし、浮き上がり、力みようがなくなります。足を地面から物理的に離すことによって、「前に行きたい」気持ちを抜いたのです。
斜め上へと体が浮いている間、体は一つにまとまろうとするようです。しばらく(と言っても、一瞬ですが)間をつくれば、体が一つにまとまります。
そのまとまった体が「転がるように」、前へと進んでいきます。
この時、原動力となる、力は、体そのものが持っている重さです。重さがエネルギーになる、というのは当たり前の話ですが、その重さに身をゆだねる前に、つい、筋肉で力んでしまうから、うまくいきません。
体の持っている重さというエネルギーを実感し、その体にゆだねることを覚えておくと、動き出しに力が要らなくなります。静かに、力強く、体を進めることができるようになるのです。
その体の動きをスローで撮影してみました。
蛍光灯のちらつきで見にくいですが、ご勘弁ください。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋