無から生まれる力

首を体のバランスの取るために使ってみると、体がきれいな三角形になっている事に気づきます。その三角形の重心のあたりから、力が生まれてくるから、不思議です。
これまで、筋力や体重の力は使ってきました。新しく力が見つかる度に、まだまだこんな力が隠れていたのか、と驚くわけですが、今回の力はどうも様子が違います。
なにが違うかというと、これまでの力は隠れていた力。ずっと、見つけてくれるのを待っていたかのようです。
それに対して三角形から生まれてくる力は文字通り、生まれてくるもの、それまで存在しなかった力が体の中から沸いてくるようです。
ゼロから生まれてくる力。
同じように見えても、毎回毎回、その力は新鮮で、個性的です。
力の出所が違うせいか、これまでの動きはすべて、反動のある動き方だった、という事にも気づいてしまいました。これは頭の中で考えていても、まったくたどり着けない世界だな・・・と、しみじみと感じています。ものすごい、なんだろう・・・喜びって言ってもいいのかなぁ・・・うまく表現できなくてすいません。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋