一番最初に見ているものは?

そういえば、お肌に気をつけだして、意外なところと繋がりだしてきました。忘れないように、ちょっと、書き留めておこうと思います。
 
それは「目」です。
肌を触覚と考えて見ると、目は視覚ですよね、あたりまえです。
それでね、触覚なんですが、肌も触覚だけど、筋肉や骨の感じってのも触覚の仲間なんだろうなぁ、て。
肌から入ってきた刺激が筋肉や骨に届くまで、これまで、「気づかなかった」ということかもしれない・・・、そう思いました。
 
 
 
最近はインターネットでたくさんの噂話が聞こえます。
自分がニュースから見聞きした事は実はうわさで、伝言ゲームのように、変化してしまっている事もあるでしょう。
体の中でそんな事が行われているのかも。
 
 
 
外からの刺激に対して、肌で気づいてみると速いんです。この速さが相手の認識を超えているから、力を使わずとも相手を崩せるんでしょう。
だんだんと、体の中に奥の方と表面の方があるんだ、と思うようになってきました。
 
そこで、視覚です。
自分が今、目にしているこの「風景」は果たして、ありのまま、なんだろうか?
 
目が見えるメカニズムはちょっと調べればどれだけでも出てきます。
しかし、その構造の専門家でも、自分の目をしっかりと使いこなしているかと言えば、きっと、全然です。
 
 
 
例えば、こうです。
目の前に振り下ろされる刀。
それを目にした瞬間、カラダがギュッと縮みます。怖いからね。
でも、それって、目に映った相手の刀を自分の脳が受け入れ、それに対して「怖い」という答えを出してしまった事なんですよね。
 
触覚で言えば、肌から入ってきた刺激に対して、筋肉が反応し、力んでしまった状況と似ているんです。
 
目に映ったもの、それをありのまま、まず、認めたい。
そのために必要なものはなんだろう・・・?
 
あれこれ考えていると、これまで工夫して見つけてきたいろんな術理が思い出されてきます。
その一つが、目の動きそのものをギュッと止めるというもの。
目を見開いて、怖いと言う気持ちの出てくる眼球をまぶたで止めるんです(笑)
もう、なんでも、ありです。ただし、あまり、実験稽古は見せたくありません(笑)
 
 
 
そんな事をしてみると、すこし、変わるんです。
新しい製品を作る時の研究と同じですよね、色々やるんです。
色々試して見ると、当然、結果が変わるんです。
その中にはたくさんの失敗があります。
でもその失敗がたくさんあるから、これは使えそうだ・・・ってのも出てくるんです。
 
まだ、はっきりとは使いこなせないですが、ちょっと、この目の「一番最初」というものがつかめそうな気がしてきました。
一応、頭の中ではこれが使いこなせれば、心を揺らさない、かっこいい自分に一歩近づけます(笑)
 
 
 
一応、覚書でした。
では。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋