背骨の仕事、腕の仕事、足の仕事

着物を着て過ごす時間が増えてきてわかってきた事があります。

 

それは身体は意外と単純で、それぞれに役割があったのだ、という事です。

 

身体を、

背骨、

脚部、

足、

の三つのグループに分けてみます。

 

 

私たちはつい、腰に力を入れます。

この腰に力が入ってくると、感情が揺れます。

この感情の揺れを生きがい、生きている力と感じる人も多いのではないでしょうか。

背骨の役割はどういう気持ちでいるか、どんな性格でいたいかを決めることです。

この背骨が固くなってしまえば頑固になり、世の中を柔らかく見れなくなっていきます。

 

脚部は感情がありません。

淡々とこの身体、主に内臓を含めた上半身の重さを引き受け、立ったり、座ったり、物理的世界の中で動きを作るものです。

乗り物のような存在かもしれません。

ですから、すごく、クールです。

どんなに、熱い思いをもっていても、この脚部には届きません。

脚部は淡々と使う、のがいいみたいです。

 

足はちょっと、私たちに似ています。

感情もあるような気がしています。まだ、ちょっと、あいまいなところがありますが。

ただ、この足は不自由です。その場から動けません。

いや、歩いているじゃないか、と言われるかもしれませんが、それは嘘です。

足だけで歩こうとすると蹴り足で進まなくてはいけませんから、やがてくたびれます。

また、前に進んだとしても、後ろへと残したものにずっと、引っ張られるようになります。

 

自分が動かないもの、その場を覚悟してみると、この足は実に細かい動きをします。

何者にもなれる自由なこの世界を暮らしていると、つい、気持ちは外へと大きくなりますが、根本的に私たちはもう、この場にいて、動けないんだ、と思うことも大切です。

自由に、自由に、と言われますが、言われ続けると、自由でない自分が見つかってつらくなります。

でも、その不自由の中で生きていくぞ、と認識できると、そこはもう、プライベート空間超楽しい世界です(笑)。

 

 

身体は世の中の縮図です。

覚えると楽しいですよ。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/users/1/sub.jp-karadalab/web/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋