無限について

書きたいものが「無限」に出てくる作家は幸せだろう。
伝えたい声、気持ちが「無限」に出てくる歌手は幸せだろう。
描きたいものが「無限」に出てくる芸術家は幸せだろう。
やりたい事が「無限」に出てくる人は幸せなのだ。

 

自分の中から「無限」にアイデアが沸いて出てくるという能力はとっても魅力的だ。
その「無限」を自分も持っていた、それに気づいたのが、さっきだ(笑)
どうしても、その興奮と喜びを残したくて、まとまらないまま、感じたままに書いている。

 

 

私が持っていた「無限」は身体の動かし方。
次から次へと、新しい動きが出てくる。その出てくる動きは常に、それまでの動き方を超えるもの。
そして、その新しい動き方に気づくたびに新しい気持ちになって、新しい自分になれる。
歳をとったら動けなくなる、病気になったらもうだめ、そんな事は全然ない。
つねに、あらゆることが自分の経験となって、その経験から、身体が新しい感覚を教えてくれる。

面白いと思ったのは、自分の「無限」に気がついたのはアタマで、身体はもう、それを行っていた、という事だ。
もうすでに、次から次に出てくる新しい動き方を「伝える」という事を仕事にしていたという事。

 

 

今、たくさんの機会を得て、身体の使い方を教えている。
そして、これまで、一度もネタが尽きた事がない。同じ講座をした事がないのだ。
子供の頃、全く、アイデア、独創性がなくって困った自分が信じられない。いつ、変わってしまったんだろう?

 

 

いつ変わったのかはわからないが、変われた「原因」ははっきりしている。
「身体感覚」という存在が「ある」とわかってからだ。
自分の日常生活の中で、だんだんと「身体感覚」が増えてきた。

なにかができる、できない、という結果ではなく、その時、その瞬間、自分の身体はどんな感覚になっているだろう・・・と声を聞き始めてからなのは間違いない。
そして、いつのまにか、身体からの感覚に敏感になり、ちょっとした事から、たくさんの事に気づかせてもらえるようになった。
その新しい感覚が実に「快適」なので、それを縁ある人に伝えていたら、今の仕事になっていたのだ。

 

 

 

身体は誰しもが持っているもの。
アタマだけの人はまだ、いない。
私が見つけたのは身体を見ることで自分の中に「無限」を感じられる方法だ。
いつも、自分の中からやりたい事が溢れている状態をぜひ、想像して欲しい。それは身体に目を耳を感覚を傾ければ、「必ず」手に入る能力なのだ。

現代はやらなくてはいけない事の多い時代。
こういう時代だからこそ、自分の内面も使えるようにしておく必要があると思う。
特に、今、ちょっと調子が悪い、と壁に当たっている人は。

 

山口潤の動きを体験する方法

このウェブサイトで紹介している動きは全て、誰にでもできるものです。

理由は" 体そのもの "の使い方だからです。

これまでたくさんの" 方法 "を学んできたと思います。身につけられた方法と身につけられなかった方法、いったい何が違うのでしょうか?

私はそこに現代人が忘れてしまった" 体の使い方 "だと感じています。

便利でなかった頃は体を頼りに生きていくしか方法がありませんでした。でも、今は体を使うよりも、機械やサービスを活用したほうが効率的です。効率を重視してきた結果、多くの人が体の使い方を忘れてしまったようです。

実際、私の講座にはプロとしてお仕事をされている方もよく見えます。他人の体は治せても、自分の体の動かし方は苦手なようです。私がお渡しするのはある意味" 超アマチュア "な技術です。だからこそ" 誰にでもできる "のです。

各地に講座もありますし、出張稽古も受け付けております。

 

山口潤プロフィール

3歳から父の影響で少林寺拳法を始める

18歳で中部大学少林寺拳法部に転籍。学生連盟の仕事を通して少林寺拳法の楽しさを知りました。

22歳、大学卒業の年、甲野善紀先生に出会い衝撃を受けます。

その後、父の道場に戻り指導を始めながら身体感覚の研究稽古を始める。(以来、ずっと、新しい発見が続いています。)

10年ほど前、父から少林寺拳法の道場を引き継ぎました。

少林寺拳法の全国大会に愛知県代表として出場したとき、肩を壊しました。それがきっかけになり、それまでの仕事を辞め、身体の楽しさを伝えることを仕事にしようと決意をし、カラダラボの活動を始めました。

コネもビジョンもなかったのですが、思いが伝わってくれたのか、定期稽古は名古屋、浜松、掛川、大垣に、文化センターの講座は名古屋を中心に10か所ほどに増えました。ありがたいことです。

活動の場面はいろいろと増えておりますが、毎日、ずっと、体に目を向け、声を聞き続けています。


体験できる講座を探す

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋