集中力をつけろ!その1

集中力が大切、というお話は誰でも一度は聞いたことがあるはず。

聞いたことがあり、それを納得してしまった事で、それ以上求めることを忘れてしまっていませんか?

集中して仕事や勉強に打ち込もう、と考えて、なんとなくそれを「出来ている」と思っているかもしれません。完全に集中は仕切れていないけれどもまぁ、机には向かっているからなぁ・・・と、妥協していませんか?

子供の頃の集中力を思い出して・・・と言われてもそれは無理かもしれません。小さなお子さんを持たれている方なら、集中して声も聞こえないほどテレビやマンガに夢中になっている姿を想像できるかもしれませんね。人間は好きな事には集中できるようになっているんです、きっと。

そしてこの「集中」というのはおそらく好きなことでなくてもいいはずです。例えば身の危険を感じている時など、自分の全身全霊が恐怖の元へと向かっているはずです。ただ、恐怖で固まっている時にはその集まった力を意識的に使うことが出来ないだけなのです。

でも、本当に使いこなせないんでしょうか?ちょっと自分のココロとカラダに起こっている事を見直してみると少しはなんとかなるかもしれません。今日はそんなお話です。

 

 

 

集中力というありふれた言葉。その言葉の意味を今日、考えました。

集中「力」なんだけれども、この時、どんな力が集まっているんだろう?自分の中の「力」ってなんだろう?これまで真剣に考えたことが無かったなぁ・・・超、基本的な問いかもしれません(笑)。

カラダラボでは武術をベースにしていますので、相手と対峙した時の状況で考えてみますが、まず思いつく力は筋力です。では、どの筋肉を働かせて力を得ているのか?考えてみてください。

腕力、背筋力、腰の力、腹の力、脚力・・・詳しく知っている人であればもっともっと挙げられるかもしれません。これまで稽古してきたところを思い出しながら挙げてみると・・・

指の力(指アーチ)
肘の力(肘の回旋)
肩の力(肩の出し入れ)
背と胸の落とし
腰の力(腰を入れる)
踵の力(踵で踏み込む)
膝の力(絞り込み)
腹の力(丹田)
胸を開く力
手首の力(手首に流れを作る)
手の平の力(掌を細かく動かす)

カラダラボではこんな感じで研究が進んできました。今では懐かしい使い方もありますね。覚えてくれてますでしょうか?

一つ一つ、カラダで確かめながら気づいてきたものです。理屈を言えば、人間は細かい筋肉が山ほどあります。名前のついている筋肉の数ってどれぐらいなんでしょうか?その一つ一つを意識して使える人がいれば、もう、もろ手を上げて教えを請いたいぐらいです。

アタマではたくさんの筋肉が備わっている。でも、実際に一つ一つがどんな働きを持っているのかを意識できなければ集中「しよう」と思った時に力として集めきれない、そう思いませんか?

一つ一つの働きを見れば、指の力を知っただけでもかなりの事が楽になります。単純に力が無くて困っている、と言う人であれば、自分の中に力がこんなに眠っている、という事がわかっただけで世界が開けて見えると思います。

ただ、実際には「困っている」状況と言うのは複雑です。自分の中の悩みと言うのは簡単に解決してもらいたくない、という裏の望みを人間は持っていますから。

とにかくどんな力が自分にはあるんだろう、と言うのを考えてみました。

先にあげた筋肉の話もそうです。

そして骨の力もあります。構造の力です。

あと、カラダが動くことで生まれてくる勢いの力もあります。

今実感できるカラダの力ってそんなところです。

 

 

 

ではココロの力はどうでしょうか?
ラッキーで幸せを感じている時、ムクムクとやる気が起きてきます。
不運が続いてしまった時にはがっかりします。それが自然です。
締め切りに追われてでしか仕事や宿題が出来ない人がいます。僕がそれです(笑)。
締め切りはきついですが、結果的に締め切りが行動を後押ししてくれています。
ココロにもたくさん「力」があるじゃないですか!

全部自分の中にあって、自覚をしている力ですが、改めて考えてみないとみんなバラバラでしか使っていないようです。

そう、こういう力を集めることができないだろうか・・・今日の集中力のお話の目的はそれです。

 

 

 

筋肉の力や構造の力をあつめるという作業はこれまでの稽古でおなじみです。

ただ、目的を「技を成功させる」事においてしまうと、集めなくても出来てしまうことも多いために集めることを忘れてしまう場合もあるかもしれません。

逆を言えば、これまで集めなくては出来なかった事が、自分の中のただ一つの気づきでできてしまうわけですから、人間が本来持っている力がそれほどすばらしい、という事ですよね。

ですから「集める」事を意識して出来るようになれば、もっと大きな力が出せていけるわけです。

 

 

 

この時、一つ疑問が湧くかもしれません。

果たして大きな力は必要なのか?

例えばペンを持ち上げるという動作の中にココロとカラダ、全部の力が必要とはとても思えません。

それでも、私は全部の力を集めることを薦めます。なぜなら、自分の力を集め、それを自覚できた時の喜びは何ものにも変えがたいからです。コンビニにはもちろん、高級デパートでもそんな楽しいものは売っていません!

 

 

 

というわけで勝手に話を続けます(笑)。

カラダの力の集め方はそれだけで十分、講座として成り立ってしまうほどのものですが、まぁ今日はいいでしょう、集めることができたと仮定します。

問題はココロの力です。自分の中のやる気、がっかりと言うプラスとマイナスの力です。そんな力は存在しない、ときっぱりと口に出せる人がどれだけいるのでしょうか?私はこれまであったことが無いし、存在していたとしてもちょっと会いたくないなぁ(笑)。

好きな人といる時には元気になるし、苦手な人といれば疲れます。そんな力だと思ってください。ココロで感じたことがちゃんとカラダに現れている、そこを認識してくれればうれしいです。

ではこのココロが感じた力を集める事は出来るのでしょうか?

 

 

 

今、僕はなんとなく、それが出来るかもしれない・・・そう思い始めています。例えば講座をしていて、勢いが乗ってきた時にはつい、いつもよりも深く話しすぎてしまうこともありますし、逆にコミュニケーションが取れていない・・・と思ってしまった時など、プレッシャーを感じて言葉が続かなくなってしまう時がありますから。

今、書いていて思いましたが、こんな事、当たり前でみんな経験があると思います。ポイントはその力を自覚しているかどうか、という事です。

ココロの力が「ある」という事を前提にもっと突っ込んで考えてみます。

例えば健康という力。

はたして今の自分の健康に喜びを感じているでしょうか?自分のカラダの状態、ココロの状態に喜びを感じていれば、十分それを追い風に変換できるはずです。

しかし、健康って失った時で無いとそのありがたみを感じることが出来ませんよね。先日、ほんの一日、寝込みましたが、たったそれだけでも「普通の一日」のありがたさを感じました。ましてや自分の生死にかかわるほどの病気やケガを通り抜けてきたのであればなおさらです。そんな経験をされた方なら、「今」の当たり前に感謝や喜びを感じられるんじゃないでしょうか?

そんな人に比べたら、大病も大怪我もした事の無い僕が実感できる感謝や喜びはまだまだ不十分ですが、こんな小さな経験からくるありがたみでも、動きに変えてみると大きな力にする事ができるんです。

力を「集める」事のコツがちょっとでもつかめれば一気に技ができるようになってもおかしくありません。

 

 

 

技ができる、できない、にとらわれるのはよくないかもしれませんが、今日はあえて「結果」にこだわってみたいと思います。

実は僕はかなり頑固なんです。

目に見えないものはなかなか信じきれません。だからこそ、自分の動きを通してそこに「違い」を実感した後で無いと納得しきれないのです。不器用なんです、カラダもココロも固いんですね。

あったかい気持ちを持って幸せを感じられればそれでいい、と思っても、自分がそのあったかい気持ちをもっているのだろうか・・・というところに疑問が湧きます。昔から自分自身に対しての評価が低いんです。

その出来ない自分に対して自信を持つのには苦労しました。本を読んで勉強しても、それはアタマにまでしか届きませんでした。稽古を通してカラダを一つ一つ認識していった事で、自分の中にある力を体感していったのです。気がつけば自分に対して自信がもてるように変わっていました。

ちなみに自信って、「自分はできる」と思えるから自信になると思っていましたが、今持つことの出来た自信は「できてもできなくても」どちらでも自分を信じていけるという自信でした。ずいぶん考えていたものとは違っていました(笑)。

 

 

 

話があちこちに飛んでいるみたいです、すいません。

ともかくココロの力もカラダの力に合わせていけるわけです。ここでもう一つ考えてみたいことがあります。それは今目の前にある自分にとって「嫌なこと」は本当に「嫌なこと」なのか・・・という事です。

嫌なことであればココロはそこで「がっかり」します。マイナスの力になってしまいますよね。これをプラスに変換できれば、どうでしょう?

いきなり、そんな事、無理!と言わないで下さいね。出来たら・・・と考えてみたらワクワクします。今まで邪魔だと思っていたものが宝物になるのですから。

問題はその「変換」ができるのか・・・という事です。最近は「ありがとう」という言葉を口癖にしなさい、という話をよく聞きます。どんなことがあっても、それを「ありがとう」と受け止める、といいます。斎藤一人さんあたりが有名ですね。ただ、それは新しいものではなく、ずっと前から積極的に生きなさい、という教えは説かれていたようです。

ただし、現実には「ありがとう」、と口にしてそれをカラダにまで持っていけるかが問題です。全身全霊でありがとう、と感謝できるレベルにまで行くのが修行なのかもしれません。ありがとうをいいなさい、という人たちは「百万べん」を目標に持っていますから、そこまで繰り返し、口に出せたらきっと変わるんでしょう。

実は、私はそこに行くまでに挫折をした人間です。それは武術の世界で自分を考えてきたからかもしれません。目の前に自分を倒しにくる人間がいるわけです。その状況でどうすれば助かるのか・・・考えるよりも先にカラダとココロが相手に対して敵対してしまいました。

まぁ、言い訳ですからね、出来なかった事には変わりありません(笑)。とにかく、百万べんを口にする事はできませんでした。ただ、以前は口にしてどう変わるのかをイメージすら出来ませんでしたが、ようやく今、大切なのは感謝というココロの働きをどう、カラダに力として表すのか、という事にたどり着きました。

風邪や捻挫程度の小さな経験からでも健康のありがたさは感じることが出来るはずです。それを思い出しながら、今、自分がここに存在していることの喜びをわずかですが、感じ始めています。

 

 

 

先に書いたように、こんな頑固で感性の鈍い僕が感じられるのも、ココロの変化をカラダで受け止め、力として認識できたからです。カラダと共にある、武術ならではの方法だったのかもしれません。

ありがとう、と口に出したけれども、よくわからなかった、という人はカラダの面からアプローチをしてみるのも良いかもしれません。ココロとカラダは同じものですからね。

 

 

 

アタマで考えると自分の身に起きたどんなこともプラスに変換する、という作業はとても難しいように思えるかもしれません。しかし時間が経ち、昔感じた「不運」を「運命」だった、と感じることも少なくありません。私自身、甲野先生と出会うきっかけをもらったのは、どうしても進みたかった進路に新規の募集が無かったために就職浪人を決めた事が原因でした。当時、試験すら受けさせてもらえない自分は「不運」だったかもしれません。でも、それがあったからこそ甲野先生に出会えたわけです。では、あれは「不運」だったのか・・・先が見えていれば「幸運」であり、「運命」だったはずです。

未来を見通すことを望んでもそれは無理というものです。だとすれば、今目の前にある「不運」や「嫌なこと」をプラスに変換してもいいじゃないですか。最初はじっくり考えなくてはいけないかもしれません。カラダの感覚が鈍いうちは自分がプラスに変換できているのかすら、わからないかもしれません。でも、大丈夫!技を通して、うまく変換できていれば結果が目に見えて、カラダを通してわかりますからね。

とにかくあらゆる力を集める事を考え、意識してみるとまだ諦めなくてもいい、という事がわかりました。そして、この「力」は自分だけにとどまりません。目の前にいる「敵」「嫌な人」からも「力」を借りて、自分にとっての追い風に変換して行くことが出来るかもしれません。

この続きはまた後日・・・
長くなってしまい、申し訳ありません。
ここまでお付き合いしていただき、ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋