【思考実験】名前がなければ・・・

肘があるから、なにかをしようとする時に力が反転してしまう。もし、この肘がなければどうなんだろう?でも、実際にこの前腕をなくす事なんてできない。でも、もし、この肘という名前が無かったらどうだろうか?
 
外国人には肩こりが無いと聞いたことがある。肩こりというよりは背中が痛いんだそうな。意識がどこにあるかで、感覚が違うのかもしれない。・・・とすると、肘という名前があることで、どうしてもそこに引っ掛かりが生まれてしまうかも。肘の三角でバランスをとると、肘を消せる事に気がついた。名前がなければ、もっと軽い感じで胴体と腕が繋がると思う。
 
名前がある、つまり、知識があるという事。この頭の中にはいったいどれだけの名前が入っているんだろう。 

身体には無数の名前がつけられ、勉強するつもりはなくても、なぜかイロイロと知ってしまっている。気にしないためには忘れられればいい。でも忘れるとは覚えるよりも難しい事。忘れる、気にしない、その間を埋めるのがバランス感覚なのかな?
 

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋