【思考実験】イチロー選手のものさし

そういえば、大リーグで大活躍のイチロー選手にも独自のものさしがある、というのを聞いたことがあります。【ヒットの数】です。 
その年、200本というヒットを頭においてプレーをするそうです。
 
イチロー選手が出てくる前、打者の優劣はホームランの数、打率ぐらいでした。でも、イチロー選手はそのどちらでもなく、ヒットの数なのです。
 
なぜかというと、積み重ねる数字は減らないからモチベーションが保ちやすいとの事。もちろん、もっと複雑なものがあるでしょうが、私には十分すぎる理由でした。
 
みんなが競っているから、という理由で同じものさしで競い合うことしか知りませんでしたから。でも、やればやるだけ、どんどん自分が楽しくなれるものさしを考えた人だけ、普段見ない数字を意識できることが出来るのかもしれませんね。
 
そういえば、営業も、成績のいい人はそんな感じだそうです。
 
断られるのがいやだと考えてしまうと、どんどんやる気はなくなっていきます。でも、話を聞いてくれる人に出会うために、聞いてくれない人を見つけたら、すぐにその場を立ち去る。そう考えると、営業成功率では低くなるものの、最終的に契約数では上がっていきます。
 
これなんかも、そうしろ、ではなく、自分で自分がどのものさしを選ぶか、というところから始めなくては意味がありません。我慢して、契約数、と口にしたところで、心にはちゃんとばれていますから(笑)。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋