【リアルタイム】上を底に正中線を作ってみた

正中線を立てる、という事を武道を稽古する人は気にする。まぁ、ダンサーやスポーツマンもそうかもしれない。

以前、仙骨を立てる、という事を意識していた事がある。仙骨に背骨を乗せていくような感覚だ。重力があるから、上から下へと力がかかっていくのは分かりやすい。でも、今日はそれとも真逆の話。

背骨を上へと押し上げてみるのだ。
ただ押し上げただけでは当然、軸は立たない。ふらふらしてしまう。
そこで、上に壁になるようなものを作ってみた。
具体的には左右の胸を中心に集めてカラダを固めてみた。
そこに背骨の力を流してみると、上へと力を流しながら、軸が立つのだ。

そしてもう一つメリットが。
浮きが信じられないほど、かかる。
足元がするする抵抗無く動けてしまう。ほんの少し前に足指を軸にする事で滑らかさを出したが、それ以上の動きが生まれる。

さらに、この動きが熱を生み、情熱へと繋がるのだ。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋