次元の話

宇宙の話を少し書きましたが、今、宇宙を物理的に勉強すると間違いなく出てくるのが「次元の話」です。
なんと、最新の宇宙論によると、この世界は「11次元」で出来ているとの事。
ちょっと前には26次元だったりとか、まったくわけわかりません(笑)。
しかし、そんなたくさんの次元の中に「いる」のが「私たち」というのが、私たちのほとんどが信頼している「科学」の答えです。
いずれ、また、新しい理論が出てくるんでしょうね。
ただ、その時にはすぐ横にもう一つ、ありました~とは絶対出てこないはず(笑)。
 
 
 
11次元どころか、普段私たちは「次元」そのものを考えて生活をしません。
通常、私たちは今の生活を維持していくのに、「4次元」を考えているそうです。
4次元?と諦めないで下さい、こんな感じで考えてみてくださいね。
例えば、私の講座に来て見ようと思ったとします。
まず、住所です。これは緯度と経度、この2つの数字で住所が決まります。グーグルマップなどですぐに分かりますよね。
そして3つ目、高さです。栄の中日文化センターであれば、教室は5階です。
4つ目、最後の数字は時間です。
この4つの数字が決まらなくては、予定して、そこにいき、講座を受講する事はできません。
 
 
 
特に日本は電車のダイヤが数秒ぐらいしかずれないと言います。
時間に厳しいですよね。
その4つを自然と受け入れ、使いこなしているわけです。
考えてみると、すごい事かもしれません。
 
 
 
4次元ぐらいまではなるほど・・・といけそうですが、その次はなんだよ!となると、もう、ちんぷんかんぷん(笑)。
私が稽古している武術はあらゆる事を頭で答えをだすのではなく、身体で確かめるためのものです。
そこで、まず、1次元、2次元、3次元辺りを身体で考える事にしました。
ちょうど、発見した体の使い方がまさに、その次元を考えるのによかったんだと思うんです。
今日はその分かっている部分だけ、「1次元」の話をしてみようと思います。
 
 
 
1次元とは「線」の事です。
一つの数字で決まるものを「1次元」と言うそうです。
ゼロ次元が「点」です。
頭で考えれば、難しくはありませんが、これが身体となると、ほとんど、気にしません。
多くの人はどうなっているかと言えば、0次元のまま、身体を使っているかのようです。
どういう事かといえば、抑えられた手を上げると考えると、相手との間に「衝突」が生まれ、「圧力」が出てきます。
その圧力を「点」だと考えると、この力の「大小」だけを考えているわけです。
実はこの時、流れを認識し、力が滞らないように流してみると、面白いぐらい、気持ちよく、手を上げる事ができます。
「経験」できれば、その違いは明白なのですが、その「経験」がほとんどできないのが現実です。
 
 
 
武術でなくても、こんなことはありませんか?
肩や腰が痛くなっても、その痛みをどうすることも出来ず、お医者さん任せにしてしまうこと。
これは、痛みと言う点を「動かせない」から、どんどんと痛みが大きくなってしまうと考えられます。
1次元の動きすら、できていないんですね。
そして、腕のいい治療師の方にかかり、やっと、流れるようにしてもらっていませんか?
その瞬間、流れが生まれても、もともとが流れのない0次元志向ですから、当然、また、流れが止まり、痛みになります。
そして、定期的に通うようになってしまって、楽しくありません。
 
 
 
 
次元の事を頭で分かっていても、身体で分からない、というのはこんな感じです。
なんとなく、2次元、3次元の事も考えたりしていますが、頭で想像した事を身体で「うん」と納得できた時にはなんともいえない喜びがあるんです。
難しい事が分かった時にも喜びはあると思いますが、小学生の頃聞いたような事ですら、本当にはわかっていなかったんだなぁ、と分かると、それをこれからひとつひとつ、片つけていくたびに喜べるかもしれない、と思っています。
このGWの間、色々と考えてきた事を少しずつですが、書いていこうと思います。
また、お付き合いくださいませ。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋