あと1cm・・・

この粘り気のある内側の力ですが、簡単な稽古で感じられると思います。
キーワードは「あと1cm」です。

 

どんな形でもいいのですが、単純に両手で押し合う、
という形で考えてみましょうか。
両手をつかんでもらい、自分から相手を押していきます。
その押しをしっかり止めてもらいましょう。
この時、何も気にせず押せてしまうのならば
もう少し力の強い人で試してもらってください。
大切なのは「外側の力を止めてもらう」事です。

 

どんなに押してもびくともしないようならば良いですね、
良い稽古が出来そうです。しっかりと押してみても動きません。

 

この時「動かない」と思った瞬間があるはずです。
その瞬間はアタマがあきらめた瞬間でもあるわけです。
自分のカラダの能力をアタマが勝手に決めている限界があるはずです。
その限界に達したとき、もうダメだ、押せない、と思ってしまうわけです。

 

この時、しっかりと止めてもらっているところから
「あと1cm」だけ
押し込んでみてください。あきらめずに、1cmだけ。
もうちょっと、あと少し・・・。

 

今、なにか感じませんでしたか?
ぐぐっ・・・とカラダの中から生まれてくる力を感じませんでしたか?

 

腕に圧力がかかり、痛みとして感じてしまうかもしれません。
それは痛みで自分のカラダの中を感じる事ができないわけです。
もう一度やってみてください。

 

相手を押し返すという結果が欲しいわけではありません。
大切なのは外側がぶつかり、
それ以上でないところからまだ生まれてくる力がある、
という事に気づく事です。

 

外側さえ止まれば良いのですから、
これはカベを押しても出来ると思います。
ただカベはどんなに押しても動きません。
最初からアタマがあきらめてしまうかもしれません。

 

一人稽古が出来るのが上達の証ですが、
やはり誰かと稽古を一緒にしたほうが楽しいですから、
ぜひ一緒に試してみてください。
そして何かを気づいたのならそれを伝えてあげてください。

 

話がずれましたが、
この最後に出てきた力が今日のテーマである「内側の力」です。
内側の力は外側の力を使い切ったところからでないと
分かりにくいようなのです。

 

もう一度、「手を上げる」という事で
お話しを続けたいと思います。

では!

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*