内側の力は元気そのもの

 「元気」というあいまいなものだからこそ、
 そこに人を見る目が必要なるのでは無いでしょうか。
 
 朝の朝礼もそうですね、ただ立っているだけではダメでした。
 ただ立っていればそれを注意してくれた先生は必ずいたはずです。
 だんだんと求められるレベルが落ちていき、
 まぁ邪魔をせずにいてくれればいい、
 となってしまったのであればとても残念です。

 ただこんな事を思うようになったのもこの数週間の間です。
 もちろん色々と考えてはいましたが、
 具体的にどこが問題で、どう解決をしていけば良いのか、
 自分の中に答えはありませんでしたから、
 強くそれを考える事が無かったのですね。

 内側の力に気づき、
 生きていくうえで必要な事はこの力だ・・・
 と強く思うようになりました。
 
 カラダを通してこの力を感じると
 「内側の力」という言葉になりますが、
 これは「元気」そのものです。
 
 「元気」を出せる人、いつも出している人っていますよね、
 そういう人であればそのままでいいでしょう。
 「元気」なのですから。
 
 でもアタマで元気でありたい、
 と思っても出ないときもあります。
 特に年を重ねていけば病気や怪我も出てきますしね。
 
 アタマで考えても元気が出せないのなら、
 すこしカラダに助けてもらいませんか?
 カラダを通して「元気」を感じて、
 カラダを運転してこの「元気」を出していきましょうね。
 
 これからもう少し具体的にお話をしていきますので、
 もう少しお付き合いください。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*