粘り強い力を実感する

 さてこの内側の力ですが、外側の力と比べてみる事で
 質の違いを感じられると思います。
 するするとした外側の力に比べ、
 内側の力はとても粘り強く、
 どこまでも出てきてくれそうな力です。

 手を上げる、という話をしました。
 小さな子供たちをみていると分かると思いますが、
 本当にココロのそこから選ばれる事を望んでいれば、
 自然とカラダが伸び上がり、
 ぴょんぴょんと弾んでしまうほどの勢いが出てきます。
 
 大切なものをタンスの隙間に落としてしまったとき、
 無理と分かっていても手を伸ばさずにはいられませんよね、
 カラダが「つって」しまうほど無理をして
 手を伸ばした経験ありませんか?
 
 そういう内側の力が私たちにはあるはずなんです。

 ただいつのまにかその「見えない」内側の力は忘れてしまいます。
 使いこなせないまま、忘れてしまうんですね。
 何とかしなくてはいけません。
 強く生きるため、楽しく生きるための大切なものなのですから。

 内側の力を簡単に発揮するのには条件があります。
 まずは外側を使い切ることです。
 想像してください、
 手をしっかり伸ばさず、そっと出します。
 そして「元気」だけはたっぷりと出してみてください・・・。
 出ないですよねぇ、これでは。
 
 しっかりと腕を伸ばし、カラダ全体で上へ上へと行くからこそ、
 元気も一緒に出て行くわけです。
 
 話を聞く、解説を読むよりは体験するのが一番ですが、
 大切な事なので何とか伝えていきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*