回り道

 これまで様々な稽古法を提案してきました。
 相手の力を手首、肘、肩、背中、腰、お尻、
 カカト、つま先、膝、お腹と流して
 丹田に「流して」いく稽古はずいぶんやりましたね。
 
 今思うとこれって、外側の力ばかりですね(笑)
 今いらない、と言っている外側の力を
 一生懸命に練習して損をした・・・
 そう思われるかもしれません。

 無駄に思えたこの稽古も、
 見方を変えると多少は意味もあったかなぁと思っています。
 
 外側を「上手」に意識して使ってきたことで、
 今度はでしゃばらずに
 「上手」に「止まっていて」欲しい訳です。
 
 意識して力を入れられないところは
 逆に考えると意識して力を抜く事が出来ない場所ですから。
 
 後からみれば回り道に見えたことも自分がそれだけ
 「経験」しているわけです。
 「経験」した分、「苦労」した分、
 何かを見つけたときの喜びは大きいですよね!

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*