手段と目的

 例えば内側の力を使えるようになれば
 重いものも楽に上げる事が出来ます。
 おそらく速くも走る事が出来るでしょうし、
 スタミナも無駄に消費をしなくなるでしょう。
 
 でもいくらこの内側を使える人を
 何百人集めても機械の力には適いません。
 ビジネスとしての規模が大きくなり、
 何千、何万トンの商品を
 世界中に運ばなくてはいけないときに、
 人力では仕方ありませんからね。

 介護の現場やスポーツの世界で
 古武術の身体操法が話題となっていますが、
 「技術」としてだけをその全てと思っていては
 人生は楽しくなりません。
 
 たぶん別の何かがまた自分を悩ませてしまうはずです。
 悩みを個別に解決する「技」でなく、
 悩みそのものに負けない方法、
 いや、悩みに負けなくてもいい強い自分を
 見つけるための手段と考えると良いかも知れません。
 
 手段と目的というのはよく問題にされますが、
 自分にとっての目的、そしてそれを達成するための
 手段とはなんだろう・・・
 
 ちょっと考えたくなってきました^^

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*