ドラクエその2

 経験値のお話でしたね。
 この経験値ですが、楽な相手からは少なく、
 「死にそうな目」にあう相手からはたくさんの経験値がもらえます。
 例えば小さなスライムからは1ポイント。
 強そうなドラゴンや悪魔からは2000ポイント。
 のように色々と設定されています。
 
 レベルを上げる為に「10000ポイント」必要だとすれば、
 スライムを1万匹倒してもレベルは上げられます。
 でもこれは「時間」がかかります。楽しくも無いし。
 死にそうな思いをするからこそたくさん経験がつめる、
 そんな単純なことをゲームでは表してくれています。
 
 ゲームの中では単純でもこれが現実の世界となると
 なかなか難しいんですね。
 ついつい「楽」な方へ行ってしまいますから。
 
 子供たちの練習は常に「楽」です。
 内側から声を出せ、と言ってもすぐに忘れます。
 頑張る、という事が少なくなっているからだと思いますが、
 頑張る事で元気が出てくるのだとすると、
 避けて通るわけには行きません。
 
 自分の経験値をためていかないとレベルを上げるのに「時間」がかかるよ、
 と伝えたところ、「いい顔」をしていました^^
 
 少しは分かってくれた様な気がします。
 
 でもたぶんすぐに忘れてしまうんでしょうけどね(笑)
 「伝える経験値」を「死にそうな思い」で集めていかないと・・・

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*