2010-03-16

  1. まだ来てもいない未来を考え、心配してしまう事があります。それをダメな事、弱い自分だと考えるのではなく、未来を先に知っていると考えてみると、スゴイ自分をそこに見つける事ができるかも知れません。
  2. 興味と重心にはつながりがあるらしい。もし、自分の体がゆがんで、バランスが崩れているとしたら、興味を持つ対象と一つにはなれない。
  3. 心と体は一つだけど、普段どれだけ体に縛られているのかみんな気づいていないかもしれない。もっともっと自由になれるかもしれないです。
  4. 面白い事を研究して行こう!楽しい事を研究して行こう!不思議な事を研究して行こう!誰のためではなく、楽しく生きていたいから。仲間と一緒に…。
  5. 時間とは体である、とは今年に入り思いついた事。びっくりした時、その体は止まってしまう。出来ない理由がアタマに浮かぶ時、それは過去に縛られているという事。逆にできるかな?と問を立ててみた時には、体は答えを出してくれている。体は未来の事を知っているかもしれない。
  6. 体を小さな世界として考えてみる。まずは、この小さな世界でなりたつ法則をつかみたい。実感として得たものはどんなに「言葉」で攻められても、揺らがない。いい事なのか悪い事なのかはわからないけど。
  7. 勇気が出ない時なんてしょっちゅう。見せてないだけ。見えるのは行動とその結果。それを見て、勇気がある、と言われたりするから不思議。

Powered by t2b

SNSでもご購読できます。

ツイッター

カルチャーセンター講座

【中日文化センター】

各センター体験受付中!


一宮
鳴海
豊橋
豊田
瀬戸
浜松

【名鉄カルチャースクール】

各センター体験受付中!
名鉄カルチャースクール神宮前
コミュニティサロン西春

【岐阜新聞】
イオンモール大垣教室

【毎日文化センター】
名古屋

コメントを残す

*